マスターカードについて詳しく教えて

クレジットカードで取り扱われる「マスターカード」はアメリカ合衆国に本社が置かれている。VISAカードなどと同じで、 MasterCard 加盟店であれば世界どこの店でも現金を持たずにショッピングなどができる。

特にマスターカードはヨーロッパ方面でその支持を得ているので、欧州に海外旅行に行く場合にクレジットカードなどを作成しようとする場合にはVISAカードよりもマスターカードを作ることを強くおすすめします。

コマーシャルや広告などでも(プライスレス)というキャッチフレーズを意味することがあると思いますが、これは単純に現金が必要ありませんよという事を表しているようである。さらにマスターカードはマスターペイパスというオンライン型のデビットカードも発行している。このカードはヨーロッパのみならず、アメリカの北西部で主に支持を得ているカードだ。

ここでデビットカードを詳しく説明してみよう。通常のクレジットカードとはショップなどでお買い物した場合、誰が購入したか?お店はどこか?金額は幾らか?などの情報がマスターカードの本部に送られ、ある一定期間を経た後に本人の銀行口座などからその代金が差し引かれる。

クレジットカード等でこの一定期間が設けられている理由として、利用者の利便性を考えたリボルビング払いなどの方式を採用しているからである。(分割払いもある)

しかしこのデビットカードは、ショッピングをした際に購入した本人の銀行口座からその代金が直接引き落とされる仕組みである。ネット(オンラインで)でカード情報や口座情報などが連結されており、時間をおかずに即座に買い物代金などが本人口座から引き落とされる仕組みである。

ただし、通常のクレジットカードとは違い留意しなくてはいけないポイントが一つある。まずカードを利用する本人が銀行口座を所持しいなければならないということ。これは当然のごとく利用代金を置いておく口座がなければ代金はどこから引き落とすのか?ということになってしまうので、ご理解いただけると思います。さらに、その口座に利用代金以上の預金を確保しておかないと残高不足により代金の引き落としができなくなってしまうので、この点は特に注意して常に自分の預金が今幾らあるのか?ということを把握しながらデビットカード使わなくてはいけない。

これらデビットカードはマスターカード及びビザカードまたは日本国内であれば楽天銀行などもこの商品を扱っている。

もう一つデビットカードの有効な利用方法を教えしましょう。例えば、あなたの口座に利用代金に満たない預金しかなくても、個人口座を作成した銀行キャッシングなどのカードローンなどを利用していた場合、個人預金口座に足りない分のキャッシュをそのカードローンから代金振り替えとして自動的に足りない分を補ってくれる。このシステムを使えば海外などに行ってもある程度までは価格を心配しないで商品を購入することができる。

しかしこの場合は、個人預金口座の残高表示はマイナス表示なることは前もってしておく必要がある。

マスターカードを発行している(公式ライセンスの認可がある)会社は現在日本に数十存在するが、このサイトでは消費者金融のアコムもマスターカードより公式ライセンスを受けた金融会社があるということを報告しておきます。